未分類

寒い季節がやってくる!知っておきたい「冬のスキンケア」


夏のお肌より冬のお肌の方が敏感

冬の肌は寒さにより、血行が悪くなり、汗もかきにくいので新陳代謝が悪くなる

夏に比べて湿度が低いので、肌の水分が蒸発しやすい

結果、肌の水分が保てず乾燥肌・敏感肌になってしまう

また、乾燥肌・敏感肌になることで肌がかゆくなりかきむしってしまい、肌に炎症がおきます。
炎症は後々シミ・くすみの原因になります

冬のスキンケアで気を付けるポイントは2つ

1、乾燥から肌を守ること
 2、肌細胞の活性化

肌を乾燥から守る

肌をゴシゴシこすらない

洗顔のときも、お風呂でメイク落としたり、体を洗ったりするときもゴシゴシするだけで乾燥の原因になります。
冷水でも温水でもなく、ぬるま湯でサッと洗い流すだけで、通常の汚れであれば落ちます。

化粧水を冬用のものにする

まさか、一年中同じ化粧水を使っていませんか?
夏はサッパリした化粧水でも保湿できますが、冬はしっとりとした化粧水の方が乾燥を防げます。
化粧水をつけたあとはしっかりと乳液やクリームでふたをしてあげましょう。
タイミングとしては、洗顔後、タオルで軽く水気を取った後が適切です。

暖房にあたりすぎない

熱も乾燥の原因になります。寒いからといって、寒い室外から、すぐストーブに当たりに行けば、気温の急激な上昇で肌が刺激を受けます。

肌細胞の活性化

マッサージで血行をよくする

摩擦で肌に炎症がおきれば、それはシミ・くすみの原因になります。必ずクリームなどを塗ってから行いましょう。

あたたかい飲み物を飲む

新陳代謝を手軽によくする方法。美容効果のあるココアや豆乳をあっためれば一石二鳥です

規則正しい生活

適度な運動をし、バランスの良い食事をする毎日の積み重ねで新陳代謝を良くでき、肌細胞も活性化します

理想としては

朝はぬるま湯だけで優しく洗った後に保湿

朝は化粧もまだしていない状態なので、洗顔料は必要ありません。

一日の飲食で冷えたものを食べたり飲んだりしない

冬には必然的に温かいものを食べたり飲んだりしますが、冷えたものを体に入れない意識も大事です

仕事や学校から帰って、お風呂でメイク落としのついでにマッサージ

最近はメイク落としとマッサージクリームが兼用になってるものも売っていますね。
お風呂上りは血行が良くなっているので、お風呂あがりにマッサージでも良いと思います。

お風呂からあがったらすぐに保湿

お風呂からあがった後、軽くタオルで水気をきってから化粧水を塗り、乳液やクリームでふたをしましょう。
化粧水は、1度だけではなく、3度付けや5度付けをすると保湿効果が高まります

-未分類