未分類

きたる夏に備えよ!美ボディを作る筋トレ術


なぜダイエットに筋トレを勧めるのか?

脂肪を分解して燃えやすい状態にするため、筋トレ後は、代謝が高まり、脂肪がエネルギーとして使われやすい状態となっています。
筋トレはトレーニングそのものだけでなく、終わった後にもダイエットにプラスの影響を与えるということになります。

太りにくい体を作ることができるのが最大のメリットです!

有酸素運動は運動をしていない時はカロリー消費が発生しません。一方、筋トレをすると筋肉痛になり、その筋肉痛を回復(新陳代謝)させるために、運動をしていない時や寝ている間もカロリー消費が発生し続けます。

ジョギングVS筋トレ

ダイエットの運動として有酸素運動か筋トレのどちらがよいのか?というのはよくある疑問ですが、スポーツ科学的に結論すると、はるかに筋トレのほうがダイエットに有効です。

筋トレは、一時的なカロリー消費をするものではなく、体質そのものを変える効果も期待できるため、長期的に見ても、ダイエットにおいて大いに役立つと言えます。

先ほども述べたように、「痩せやすい体質を作る」これが筋トレをダイエットとしてオススメする1番の理由です!!

もしランニングが結果が出ずにキツかったら、一度休んで筋トレに励みましょう。
ランニングは筋トレに満足しなくなった後に再開しても遅くないのです!

筋肉が少ない体で有酸素運動をしても、消費カロリーはさほど大きくないと理解しておきましょう。

ダイエットで一番気にすること

筋力トレーニングは、胸にダメージを与えずダイエットを効果的に行うためにオススメの方法です。

胸の影響を考えても、激しい運動は避けたほうが良いです。これは、女性ホルモンの分泌を低下させてしまう要因になります。女性ホルモンの分泌は、乳腺を発達に密接な関係があります。

ただ、ウォーキングなどの軽めの有酸素運動は胸に影響なし!

食事制限が様々なデメリットを生んでしまうことはよく知られています。筋トレにこれほどメリットがあるとは驚きですよね?

そして、胸にある大胸筋は胸の土台になっている部位です。腕立て伏せで大胸筋を鍛えることで、胸の形を整える、胸の血流が良くなる効果が期待できます。

いいことばっかりじゃないですか!

時間ないし、すぐやめるだろうと思っているあなた

筋トレは長時間する必要はなく、1日3分でも続けることで充分な効果を得られるのです。

筋トレは筋肉内のグリコーゲンを消費する短時間の無酸素運動です。一回あたりのダイエットに適切な運動カロリーを消費するために必要な時間は、有酸素運動は筋トレの3倍の時間が必要とされています。

最後の疑問、ムキムキは嫌だよ?

ダイエット筋トレでは筋肥大しない「持久筋・遅筋」のみをターゲットにしていきます。

具体的には全ての筋トレセットを、30回の反復動作で限界がくるような、軽く持久的な負荷設定にします。この設定ですと、ムキムキにならずに細くてしなやかな、美しい女性的な身体作りが可能になります。

女性的な体と聞いたら安心ですね。

だったら筋トレするしかない!

各メニュー10~15回 × 2~3セット、3秒掛けて動かし、3秒掛けて戻す。
慣れてきたら回数を増やす、最初は少なくてもいい。
メニューとメニューのインターバルを60秒以内に出来ると、効率よく成長ホルモンを出るみたい。

お腹周りを引き締める・クランチ

仰向けで横になり、足を上げて膝を90度に曲げます。そのまま肩が上がるまで上体を起こします。このとき、反動を使って上体を起こさないように気を付けましょう。少しずつで良いので、腹筋を意識して行います。
クランチを行うときの手の位置ですが、負荷の弱い順に『体の横に置く』『胸の前で交差する』『頭の後ろで組む』です。

-未分類