未分類

【野菜辞典】医者いらず!?トマトの健康効果とは?#リコピン#トマトダイエット


トマトにはリコピンを代表に、様々な栄養素が含まれています。

最近トマトずっと食べてるしあわせ〜✨❀.(*´ω`*)❀.

最近トマトを使った料理ハマってるのよねぇ。

健康に気を付けた生活を心がけて、野菜を摂るように工夫している方も多いのではないでしょうか?

その中でも、"トマトダイエット"などで注目を集めたトマトの栄養素や健康効果などについて調べてみました。
食事やダイエット、美容の参考にして下さいね。

オレンジを中心とした暖色系は食欲増進の色です。健康的な食の為に食事の時のお皿やテーブル周りの環境に暖色を取り入れてみると良いかも知れませんね。食材そのものにも暖色系の人参やトマトをプラスするのも効果的です。

トマトの栄養素

トマトってリコピンとかビタミンとか豊富で健康に良いとされています。外国では「トマトが 赤くなると医者が青くなる」ということわざもあるくらい健康維持に効果のある野菜として知られています。

bit.ly/1Ti9cOl

トマトといえば「リコピン」ですがもちろんビタミンやミネラル、食物繊維もたっぷり。

とくにビタミンAやビタミンCそしてカリウムが豊富に含まれています。まさに栄養の宝庫です。

トマトに含まれる栄養素の効果

●リコピンの効果

リコピンの抗酸化作用はβカロテンの2倍ありガンや動脈硬化の予防にも役立つとされています。

●β(ベータ)カロテンの効果

トマトに含まれるβ-カロテンは抗酸化作用があり、皮膚や粘膜の健康を保って感染症を予防します。

●カリウム・ビタミンCの効果

カリウムにはむくみ解消が期待できます。ビタミンCは卵の鉄の吸収を助け、貧血予防に有効です。
β-カロテンは熱に強く、油で炒めると吸収力が高まりますが、カリウムは水に溶け出し、ビタミンCは熱に弱いので、油で短時間で炒めて片栗粉でとろみをつけ、水分も一緒に取ることが望ましい。

●クエン酸・リンゴ酸の効果

トマトにはクエン酸やリンゴ酸も多く含まれていて、消化促進効果があります。

トマトのクエン酸には糖質の代謝を活発にし、脂肪の燃焼を促進する効果があります。

肉好きな人はトマトを合わせて食べるのがよいです。トマトに多く含まれるミネラルが、肉食による血液中の酸性を防ぎ、健康を保つ効果があります。その他、リコピンもガンを誘発する活性酵素の働きを防ぎます。

リコピンを効果的に摂るには?

トマトの成分の代表選手であるリコピンは、体の中の余分な活性酸素を消去し、私たちの体を健全な状態に保つお手伝いをしてくれます。

その摂取の方法によってもっと吸収されやすくなります。それはリコピンが油に溶けやすい性質をもつため、油分と一緒に取るとその吸収力がアップするということです。

トマトを使った料理は、イタリア料理をはじめ、スープや焼き料理などレシピなどもたくさんありますよね。

トマトを調理してつかえば生でとるよりも効果的。リコピンは熱につよいので加熱調理してもその成分がこわれることはありません。

満腹感を得られるトマト

水分も多く含まれているのでボリュームがあり、満腹感を感じやすいのも嬉しいポイントです。

トマトを食べて満足感を感じやすいのは水分が多いからだけではありません。
トマトに含まれる、旨み成分でもあるグルタミン酸で美味しく食べることができるからなのです。

-未分類