未分類

炭水化物やめれますか?糖質減らせますか?! ダイエット準備のコレって何?


気持ち大事!

毎年、新しいダイエット方法として、情報番組では有名人がチャレンジ。しかし、現実に私たちがやろうとしたら、ココまでは出来ないことと想うことがあります。「時間」、「お金」、「気分」などたくさん要因があります。

”やせたい!”この気持ちを絶対忘れないで欲しいのです。

ま!いいや だったら最初からやらなければ良いのです。リバウンドによるさらなる体重増加もあるわけで、継続して行うことも大切。”きれいな人” 
”彼女ができますように”
“彼があらわれますように”
など希望があれば、達成は継続ですね。・・・気持ちが大切だと思います。

年齢を重ねると戻らない体型

実際30代、40代は自分でも何とか許される体でした。
しかし、40代後半から油断したため、どうしてもGパンのボタンがとまらなくなり、そのうち、ボタンが見えなくなるほどおなかが出てきた!太りすぎるとどうにもならない体となってしまいます。

20代・・・少し食べ過ぎを減らせば元に戻る。
30代・・・代謝が落ちたかも?運動して汗を流せばそれなりに理想に戻る。
40代・・・余分な脂肪が付かないように、体重を維持していくことを目標にそれなりに生活が出来る。
50代・・・ビジネスマン、キャリアウーマンの立場は上司となりますね。
     専業主婦はベテラン主婦となり、時間の使い方が上手になった頃です。
     精神的にはたくさん背負うことがありますが、自分の時間が取れるようになります。
     付いた皮下脂肪はもう落ちません。寝て食べてなど絶対NG
     今までなかった背中の贅肉増えていませんか?

中年の増してくる体重を減らしたい

身体検査を忘れずに

笑うしかありません。
しかし、コレではどんな病気が待っているのでしょう。

むくみ、動悸や息切れ、頭痛、など注意しなくてはなりません。

健康管理は大変重要になってきます。
太りすぎは、血液検査でよくわかります。健康診断は行った方が良いでしょう。
コレステロール、
ヘモグロビンA1c
血圧
などなど、若い世代でも多くの人が三大成人病になっているとのこと。
定期的な検査はやった方が良いでしょう。

取り過ぎやすい炭水化物

炭水化物は糖質と食物繊維を含んでおり、炭水化物抜きダイエットを行うとしたら、糖質と食物繊維のどちらも抜くことになります。

糖質制限ダイエットの場合には、食物繊維を除いた糖質のみをコントロールすることになります。

糖質の多い、つい食べてしまうこんなもの   ”ダメダメ”

その1 糖質制限について

糖質制限とは、私たちが生きるうえで欠かせない三大栄養素のひとつ、炭水化物は、消化吸収しやすいブドウ糖やデンプンといった糖質と、消化吸収しにくい食物繊維やオリゴ糖があります。糖質制限とは、消化吸収しやすい糖質の食事を少なめにしたり、食べる順番を変えたり、食事を調整することをいいます。

qqqq 要注意 pppp 食品

やはり好きな人にはたまらない、日本酒やビール、焼酎やカクテル

調味料・・みりん、さとう、トマトケチャップ、ソース、市販のドレッシング

****************************************

ダイエットを目指すのであれば・・今日から禁止!
脱おさけには、覚悟が必要です。

その1
ごはん、めん類、パスタ、パン、シリアル

その2
スナック、お菓子全般

その3
小麦粉を含む加工品
**************
カレールー、餃子、シュウマイの皮、春巻きの皮など
**************

その4
ドライフルーツ

朝ご飯にシリアルと牛乳、そしてフルーツたっぷり
市販されたシリアルシリーズはつい手を伸ばしてしまいます。

その5
市販されている野菜ジュース、野菜・フルーツジュース、人工甘味料の入った飲料

理想的な朝ご飯

ランチをコンビニで選ぶなら

-未分類